「大自然バイオ」とは自然界のあらゆる微生物を複合発酵により共栄共存させる技術です。自然界の数万種類の微生物を総合的に働かせなくては真の農業・環境浄化の働きは出来ません。過去に微生物資材を使って期待はずれの連続で,にわかに信じられないと思いますが、あうんユニットの装置をご覧になればお解かりいただけるものと思います。

 

世の中を変えるには効果が絶大で、簡単に誰でも出来、また価格も安いの三拍子そろわなければなりません。

 

人類救済装置のあうんユニットを分かりやすく三通りの使い方(①菜園・畑 ②堆肥 ③畜産)に分けて展開をします。

 

★効果が絶大の解かり易い証明は人間の排泄物の便槽が汲み取りが無くなり全く臭いが皆無な事。

 

★簡単とは家電製品と同じで自動で出来ます。

 

価格も安いとは、我々の方法はあうんユニットという装置を設置すれば其処から毎日出来る宝の水を使うだけで、他の技術のように資材を購入し続けることは不要です。勿論装置は軽トラック一台くらいの費用が掛かりますが其処から毎日出来る150リッターの宝の水はリッター一万円の価値ある水です。毎日150万円のエナジー水を生産しますが、他の微生物資材のように資材の購入をご希望なら、1リッタ税込み150円でお分けする事も出来ます。他の資材より次元を超えた効果と、しかも、お安いです。

     (ご注文は住所お名前電話番号をお知らせください (siyana@maple.ocn.ne.jp

 しかしこの技術を理解した時には装置の購入をお考えいただけるでしょう。

 全国の堆肥センターにて発酵資材や悪臭防止剤に如何ほど資金をお掛けになっているでしょうか。コストが極端にお安くしかも効果絶大でさらにバイオ堆肥という全く別物に進化するのです。

 

 

今後は畜糞・生ゴミのバイオ堆肥化へ力を入れてゆきます

 

我々あうんの会はインターネットによる点と点をつなぐ線から動き出しました。今後は協力者及び会員の皆様からの発信によってさらなる広がりを見せていくでしょう。しかし待ったなしの地球環境人類救済の当科学の使命を果たそうと暗中模索の中、見えてきました。「畜産に革命を起こす」プラス「蓄糞・生ゴミのバイオ堆肥化」この事こそ大きな展開への足掛かりとなることを確信できました。

 

今後は待ちの姿勢から攻めへと打って出ることにしました。どうぞ皆様「畜産農家」や市町村の「堆肥センター」の悪臭に困ってる方、ご一報ください。我々が必ず解決します。

 

 全国の畜産農家から出る蓄糞や各市町村での生ゴミなどの堆肥化とそれに伴う悪臭問題これに対して決め手になる装置が複合発酵あうんユニットなのです。

 

 

 ★全国の畜産業の膨大な蓄糞と生活ゴミが如何ほど環境汚染の原因となっているでしょうか、堆肥化するにしても近隣に悪臭を放ち又出来た堆肥も粗悪な腐敗堆肥となり土壌を悪くします。出来た作物も農薬を使うなどしますので健康に害します。それが悪臭をなくなり畑の土壌作りに最適のバイオ堆肥となります。

 バイオ堆肥は複合微生物が圧倒的乗数的に増加しボカシ状態になり、成分も全く代わり窒素・燐・カリが数倍ビタミン・ミネラルが圧倒的に増えます。何より野菜などの栽培試験をすれば成長の良さ、その出来た野菜の美味しさなど明らかに違いが出ます。それを食べた人が健康になり生涯健康で社会へ貢献することを考えますとプラスの連鎖が次々起こります。その効果は計り知れません。ですから人類地球を救済するという表現になるのです。

 

★そのバイオ堆肥を作る装置が複合発酵あうんユニットなのです。世の中に普及するには三拍子そろわなければなりません。一つ効果が絶大、二つ自動で誰でも簡単に出来、しかも価格が安い。他の悪臭防止剤は効果が弱く、しかもその資材を買い続けなければならない。メーカーの商売になるだけなのです。我々の装置は一度設置すれば毎日宝の水バイオエナジー水を大量に永久に生産し続けるのです。将に打ちでの小槌なのです。

     バイオ堆肥の実例

 柳田様              福岡県 森武

 

 

私は有機・無農薬・無化学肥料での稲作農家です。

これまでは液体状の鉱物ミネラルとぬかを使っての稲作で、病気は出ないけ   れど収量が少なく、畜糞を発酵させたいい資材がないか探しているところで   した。

 

 

 

そんな折、高嶋博士と藤原直哉さんの対談本であうんユニットのことを知    り、柳田ファームさんにお願いして見学させていただき、お忙しい中いろい   ろと分かり易く説明してくださいました。

びっくりしたことは豚舎のにおいがない、トイレの排水が透明で飲める水に   かわってしまう、柳田さんがバイオ水を撒いて作ってらっしゃる畑の土が    真っ黒で棒がいくらでも深く突き刺さるくらいふかふかしている、などたく   さんありました。

 

 

 

 それで早速バイオ水で豚プンを発酵させて二月に田んぼにすきこみ、後はいつも通りの稲作でしたが、収量がいきなり1.5倍    に増えてびっくり!味も甘みがあって上上で香りもいいです。ありがとうございます。冬にまたエナジー水で発酵豚プン作りした    いので、その節はまたぜひよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

                  食料循環ネットワイケーマックス

 左の写真は日本の百合の15パーセントの市場シェアを誇る優良企業のビニールハウスの見事な百合栽培ハウスです。

 この百合はエネルギーに満ちて、ホームセンタターの百合と比較するとそのもちは2~3倍長持ちします。このようなビニールハウス栽培は、続けて栽培すると連作障害で病気になり栽培不可能になります。そこで数年サイクルで土の入れ替えをやらないと植物栽培が出来なくなりますので、大変な労力と費用が発生します。

  ところがここでは土の入れ替えを一切やっていません。その秘密は土作りにあります。ここに見学に見える外国の農業関係者がマジックソイルと言い不思議な土と評判になっているそうです。

 

 右は複合発酵プラントです。この中には、この環境に適応した菌床と微生物のエサ?にする生ごみなどの資材を少量入れてエア爆気してエナジー水を作ります。


 その秘訣は、もみ殻及び食品工場から出る副産物を材料にして、そこに複合発酵エナジー水を噴霧して発酵させます。

 マジックソイルの秘密はエナジー水による複合発酵堆肥にあります。

 このように優良土壌改良材としての堆肥を作る実例として紹介しました。

 右はエナジー水光合成プラントです。

 さらにエネルギーを高めて宇宙エナジーを取り込む水となり、これを数百倍に希釈して葉面散布すれば、さらに百合の品質が向上します。

  この光合成は微生物の最終段階の仕上げの合成融合の水を作る装置です。


いつもお世話になり有難うございます。
さて、先日お見せしたクロッカスの写真を送ります。
(E)と書かれているポットがエナジー水で栽培したものですが水とエナジー水の割合は8割対2割でスタート、その後の補給はエナジー水10割でした。
(水)と書かれているポットはミネラルウオーターと水道水で栽培しました。
根の生え始め、葉の伸びはじめ、開花、いずれも(水)の方が早かったのですが根の量、葉の伸び、開花時の姿に力不足
を感じました。それに対して(E)はじっくり、そしてしっかりと育った印象を持ちました。

                柳田ファーム

 左の写真は豚糞を堆肥化するコンポストです。

 悪臭をあたり一面漂わせますので右図の脱臭槽で悪臭を吸着します。

 ところが、柳田ファームでは複合発酵技術により悪臭が無いのです。

 そこで送風機の電気代が無駄になるので、天井を開放して発酵ガスを外に出しているのですが、臭いはほとんどしません。

 そこで、脱臭槽が必要無いので、底にコンクリートを打ち、今では写真のように自家用レンコン栽培をしています。

 これもエナジー水を少し入れるだけで何処のレンコンより美味しいと皆さん喜ばれます。


柳田ファームバイオ堆肥の成分表。
柳田ファーム複合発酵バイオ堆肥  窒素全量4.5  リン酸9.4 5.4 炭素窒素比8.0 
某養豚場堆肥                 :   3.7    : 4.8   : 2.5     :    6.
 (双方とも畜ふんはわら・おがくず等の水分調整資材は使わず、コンポストで発酵する100パーセントの畜ふん堆肥です。)
 
 これは肥料成分のみの比較ですが、これ以外にビタミン、ミネラル、その他微量要素が圧倒的に多く入っている微生物の多いボカシ状態堆肥になっています。複合微生物の働きにより、最終的には無肥料にて空気より植物を育てるが実現します。
 現代の動物たんぱく摂取の食生活では大量の畜ふんが大きな環境の負荷になっています。これを一刻も早く、安価で効果的なあ・うんユニットで微生物資材に変え環境の負荷を減らし医食同源の野菜を作る堆肥にする必要があります。
   

 あうんユニットのエナジー水と複合発酵堆肥が究極の土壌作りを実現します。
  どうか畜産農家の方々の検証をお願いするものです。


 具体的にはエナジー水を10倍液ぐらいに希釈して堆肥を切り返す上から噴霧してください。
 悪臭が消え複合型有効微生物群の最上級堆肥に変わります。
 畜舎に撒く場合は百倍液ぐらいでよいです。
 臭いが消えエネルギーに満ちた清浄な空気となり家畜の健康状態が良くなり家禽類の鳥インフルエンザに大きな予防効果を予測しております。

 数値を示しての具体的証明

 装 置はハードのあうんユニットA槽B槽をそのまま半分ぐらい土に埋設します。後はソフトの複合発酵菌床を入れて、毎日バケツ数杯の畜糞尿を入れてバッチ処理にてバ イオエナジー水を作ります。畜ふん汚泥を消失しエネルギーの高い水になります。

 それを数十倍に希釈して畜舎に噴霧すれば悪臭が消えてエネルギーの場が出来て畜産環境が一変します。そして何よりは毎日出る大量の畜ふんが素晴らしい バイオ堆肥に変わります。 

 複合発酵が他の微生物技術と圧倒的に違うのは自然界の数万種の微生物をコントロールして“毒を薬に”“糞を黄金”にかえます。高濃度有機物の畜ふんが腐敗から合成融合へ導かれ肥料成分が二倍三倍になりビタミン、ミネラル、微量要素が驚異 的に増えます。

 検証は畜舎の臭いが以前とどう変わったか、導入前に堆肥の分析をやって頂いたものと、導入後の堆肥の分析値がどう変わるかその比較をやって検証とします。その時に他の微生物技術との比較実験も簡単に出来ますので、同時に試験を試みて頂き、複合発酵こそ大自然の浄化の仕組みそのものとの答えを出して頂きたいと思います。

 畜産公害問題は放射能浄化のような既得権益などの対立する要素が無く、双方が問題解決を希求しています。自然環境の問題解決は大自然の浄化システムを利用する以外方法が無いのです。

                                   

                                 あ・うんの会 会長 柳田繁吉 (柳田ファーム経営)