あ・うんユニット装置の概略図
 『江戸の理想的循環型社会を現代に蘇らせ、飛躍的に発展させるテクノロジ-』

 来るべき新時代のライフスタイルは、トイレからの排泄物を全て高レベルエナジー水に変えて家庭内菜園で医食同源の野菜を作ることにあります。 

★家庭からの廃水処理を複合発酵槽に変えることであります。
★次に家庭菜園設置を一般家庭の必須条件にする事です。
 
 将来この二つが世の中に認知され法制化された時、全ての問題解決につながります。
 市町村の終末処理場・企業その他全てが複合発酵を導入して、その処理水(バイオエナジー水)を自然界へ流す事により浄化の連鎖が
起こり地球環境問題の根本解決につながります。
 菜園は生命情報という深遠なる大宇宙の真理による医食同源のオンリーワンの野菜となり、その土壌は複合発酵の生態系によるエネルギーに
満ちた大地となります。
 複合発酵あ・うんユニットと菜園で楽しく命を学び健康で幸せなライフスタイルを確立して下さい。 
 
 阿吽(あうん)とは万物の初めと終わりを象徴し、宇宙のすべてを包含する意味を持っています
 命は食と排泄で成り立ち将に自然は循環でありその中に全てが抱合されます。
 
                                             高嶋科学での人類救済を目的とする有志の会より 

                   複合発酵の真価を発揮する光合成槽

 あうんに加えて光合成漕が出来ました。

 光合成槽はあうんを導入し、次の段階へ進みたいと言う方に対して対応します。

 

 この水こそ複合発酵の真価を発揮して放射能やあらゆる化学物質に対して浄化の働きをします。 あうんのB槽からの水は黄色ですが、ここでは透明のエネルギーの高い水に変わり飲用も可能です。

 大自然から湧きでる清らかな水は、緑の美しい藻が生息していますが、それに加えてあ・うんの光合成槽から出来る水は、宇宙エナジーの高い“奇跡の水”となります。(皆さんの生命情報が入った水で、これで野菜を栽培しますとロシアの超人アナスタシアの言う 真の健康を取り戻した大自然人となります。)

 

 又他の微生物技術との違いが歴然と解り、複合発酵こそ真の人類救済技術と言う事がお解りになります。他の微生物技術のように、常に何かの資材を購入して投入し続ける事が無く、永遠に奇跡の水を生みだす“打ち出の小づち”とも言えます。

 

 命にとって大切な空気只であり、水も水道の無い昔は只でした。人類救済の働きをする本物の技術は自立して永遠に働き続けるものでなければなりません。開発者の金儲けの道具とはなりません。毎日1000倍に希釈して効果のある環境浄化・農業資材となります。

 

 以前 博士に質問しました。

 当時複合発酵の固形バイオとEMBCモルトとアモルファス浄水器の水を豚に飲用させていましたが、豚の生命情報が入った豚の糞尿処理水(光合成を通した奇跡の水)とどちらが良いですかとお訪ねすると、失礼だが「処理水の方が良いのです」との事でした。

 

                (あ・うんの会 柳田繁吉)

 

 

液肥製造装置からエナジー水製造装置へ

 

 複合発酵あうんユニットを液肥製造装置と言ったのは、あくまで法律上の問題をクリアーする為に使った言葉であります。

 液肥とはその名の通り液体肥料であり、自然な物由来の有機肥料と人工的な物由来の化成(化学)肥料が有り、すべて肥料成分や微量要素を含んでいます。

 あ・うんの水を分析してもそのような物は含まれていないので、それでは肥料ではない。と言う事は液肥と言う表現は高嶋博士の科学技術を使って出来た水の表現として間違いであり皆様に誤解を与えてしまいます。今後は液肥と言う表現からエナジー水という名称に統一します。

 

 左写真は柳田ファームの池の鯉ですがここにトイレの処理水が全て流れ込んでいます。

 餌を撒くとピラニアのように盛り上がって凄い食欲に圧倒されます。

 液肥を入れれば魚は死にますがエナジー水は魚を健康に元気にします。

液肥よりはるかにレベルの高い、しかも肥料成分は含まれていない。なのになぜこの水を撒くと生物が活き活きし、病気になりにくく、美味しいものが沢山とれるのか。

ここからは博士からのレクチャーをまとめてみます。

 

 地球上の有機物・無機物・オーガニックな物・化学物質などが、空気・水・土の中で微生物の力で発酵を起こす。そうすると、次に分解、その次に合成そしてまた発酵と言うサイクルを起こすが、自然界においてはこのサイクルを起こすのが約7割と言われていて、このサイクルが起きるとすべてのものを有機物に変えてC6126(糖)を作り生物エネルギーとなる。しかし、残りの約3割は分解から酸化・腐敗と言う方向に動いてしまう。

 酸化・腐敗が起きると病原菌や大腸菌などが取り付き生物に害を及ぼす。農業で言えばこの病気をたたくために農薬を使い、補うために肥料を入れる事になるが、これが分解・合成と言う有効なサイクルまで壊してしまうと言う悪循環を生む。

 この悪循環を止めるには酸化・腐敗を止め、微生物の死滅を防ぎウィルス・病原菌・大腸菌が取り付く事を止めなければならない。これは液肥と言うカロリーとかパワーのレベルでは不可能である。

 複合発酵技術でしか出来ない生物を活性化させる触媒液が必要で、この触媒液が生物の成長点で生物エネルギーに変わり、成長促進・抗酸化・耐性・対抗性が起きる。

 まさに、生物の成長点において活性化を起こす水=エナジー水である。ただ、エナジーと言うとパワーのように聞こえるが、パワーではなく氣の世界、情報の世界の話で、生物の成長点において自然界の様々な情報、宇宙を飛び交っているあらゆる情報をキャッチしエネルギーに変える。空気をエネルギーに変えることになり、空気から植物を作る事が出来るようになる。

 

  あ・うんユニット設置方法

 (ご契約者には別途設置手順書をお送りします)

設置に関する工事は、ご契約者様のご負担で設備工事業者等へ施工を依頼してください。

若干のご経験があればご自身でも可能です。

1、契約に含まれる主な機材

①ユニット槽(ポリ塩化ビニル製) 容量600L/直径870mm/高さ1450mm

/数量 2個

②ブロワー(エアーポンプ)  空気吐出量毎分100L/数量 1台

③水中ポンプ    吐出し量毎分80L/全揚程4m/口径25mm/数量 2台

④電気ボックス(内蔵コンセント3個・内蔵タイマー3個)/数量 1台

⑤エア―配管セット  主配管材HIVP13/バルブ2個/散気管2本/その他継手類

/数量 1式

⑥処理水移送用ホース 内径25mm/補強コード入り/数量 3m

⑦その他付属品  1式  

2、契約に含まれるバイオ資材                       

①複合発酵菌床 100L

②複合発酵モルト液 1L×6本

③糖蜜 500g×2

3、作業の概要

1、底面で1m×2m、地表よりの深さ約1.65mの穴を掘る。

2、底面(1m×2m)に砕石を10cm敷き込み転圧する。

3、その上に、10cmの厚さで土間コンクリートを打設する。

4、2個のユニットタンクを隙間10cm程度あけて平らにセットする。

5、堀穴とユニットタンクの周囲の隙間を、ユニットタンクの肩の位置まで砂で埋め戻す。

6、エアー配管セットを組み立てながら、2個のユニットタンクにセットしブロワーと繋ぐ。

7、水中ポンプにホースを繋ぎ、2個のユニットタンク内の指定の位置及び高さにセットする。

8、電気ボックスをユニットタンクの近くに取り付け、電源(100V)を入れる。

9、指定の位置まで2個のタンクに水を入れる。

10、2個のユニットタンクの周囲を地表面まで埋め戻す。

11、ブロワーへ通電し、2個のユニットタンクへ空気を送り込む。

12、バイオ資材を用い、2個のユニットタンク内に設置手順書のバイオの仕込みに従い仕込む。

13、一定時間経過後、家庭内のトイレからの汚水管をA槽に接続する。(下水道又は浄化槽への切替えが必要)

14、電気ボックス内のタイマーをセットしトイレの使用を開始する。

 

必要に応じ、電気コードの保護、凍結防止、雪・雨除け用の屋根、ユニットタンクへの雨水流入防止、  

ユニットタンク周囲の土間コンクリート打設等を行ってください。

 

複合発酵「エナジー水」が環境に戻ることで、豊かな暮らしや生き物たちの循環が蘇ります