(3) 猛威を振るう家畜伝染病

 

 畜産業に携わってゆうに30数年、私は事業としての養豚と言うより、人間らしい暮らしを模索しての結果が、たまたま養豚でした。別に環境が向いているなら、牛でも鳥でもよかったのです。そのような分けで、ご飯が食べられる農家養豚でここまできたわけです。(果菜類より現金収入が安定しているのと作業が比較的に楽)

 

 

 

 初めた頃と違って近頃は鳥インフルエンザや豚コレラなど経営に致命的な伝染病が猛威を振るって、いつ何処で発症するか不安の中の経営です。過去20数年、複合発酵技術を導入して後、次から次へと発症する新手の伝染病に懸かったことがありません。近隣の養豚場に伝染病が発症しての状況下、共通の家畜商が出入りしているにも係わらず不思議と懸からないのです。地元の川越家畜保健所にその情報は伝えていますが反応はありません。当然川越家畜保健所はその事実を把握しています。

 

 

 

 今豚コレラや鳥インフルエンザに対してはお手上げ状態で一度感染すれば全て殺処分です。病原菌と言う微生物を制するのは同じ微生物です。生命世界はお互いバランスであり調和です。西洋医学の対立による善悪で、悪を殺すでは永遠に解決できません。

 

 残念ながら行政は特に違法行為をした技術とレッテルの貼られたものには相手をしないのです。

 

 

 

 

 

                                                                    元へ戻る